ヤナ修復に着手

投稿日: カテゴリー: 未分類

今回の大雨により被害を受けたヤナ場の修復にとりかかりました。

修復の第一歩は、流された桟橋をかけること。ワイヤーで釣り上げ、向きを直し、橋の両端を岸とヤナにかければ仮設置が完了。川の流れが弱まったところで、橋の下に脚を据えれば作業終了です。

多少専門技術が必要ですが、ベテラン役員は手慣れたもので、30分ほどで作業は終了しました。頼もしいかぎりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です