ヤナ場の解体終わる

投稿日: カテゴリー: 未分類

本日(11月5日)は、昨日に引き続きヤナの解体作業を行いました。

ヤナの土台の鉄骨を溶接機で切り離し、部材を一つ一つワイヤーで吊り上げて、堤防の上部に運ぶ作業であり、危険の伴う作業です。ベテラン役員の指示のもと、10人の組合役員が力を合わせ、ほぼ一日かけて作業を完了しました。

事故もなく、無事作業を終えることができてホッとしました。と同時に、ヤナの姿が消え、一抹の寂しさを感じます。来年の5月、またヤナをかける日が来るのを楽しみにしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です