ヤナ場の解体作業始まる

投稿日: カテゴリー: 未分類

広見ヤナの本年度の営業は10月29日(日)で終了し、今日(11月4日)と明日でヤナとイケスの解体作業を行います。

今日は、朝9時から作業を始め、主にヤナのパイプをはずす作業を行いました。ヤナの上には、台風22号の大雨がもたらした大量の石や砂利が積もっており、作業に手間取りましたが、午後3時には、ほぼ予定通りパイプをはずし終え、流されていた桟橋も片付けることができました。

明日は、ヤナの鉄骨の解体と、イケスを設置するために作ってあった堤を壊し、川を復元する作業を行います。来年の5月に再びヤナやイケスを設置するまで、寒狭川は、しばらく自然のままの姿に戻ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です